大腸がんを早期発見で撃退【気になったらすぐに受診】

先生

女性特有の疾患

腹痛

患者が増加している訳

乳がんは女性特有の疾患であり、患者の数が年々増加している疾患です。がんは日本人の死亡原因の一位となっていて、予防をしていく為に様々な取り組みが行われています。がんの中でも特に乳がんは1990年以降から増加していて、これは他のがんと比較すると著しく増えているといったデーターがあります。そして増加している原因としてはいくつかの事が挙げられています。まず一つ目は食事の変化です。現在の日本は食事が欧米化していると言われていて脂質や糖分の摂取量が増えています。食事の変化と共に肥満の割合が増えていますが、皮下脂肪は女性ホルモンと関係していて乳がんにつながるとの見方がされています。二つ目は初潮の低年齢化と出産の減少です。月経の回数が多いほど乳がんになりやすいといったデーターがあり、女性ホルモンの分泌期間が長いほどリスクが高くなるといった結果も出ています。

一般的な症状とは

乳がんは特に40代から60代の患者数が多く国でも健診を受けるよう薦めています。また早期発見が大切であり、セルフチェックを行えるので自分で見ていく事も重要です。一般的な症状はシコリです。シコリはほとんどの患者で見られると言われていますが、月経が原因の場合もあります。ある専門家はシコリに関して月経とは関係なく常に見られる場合は注意が必要と指摘しているので、観察していくことが重要です。他の症状として乳房のへこみとリンパ節の腫れが挙げられています。乳房のへこみは見た目でわかる事が多くリンパ節の腫れに関しては腕の痺れやむくみといった症状が主に出ると言われています。乳がんは自分で発見する事も可能ですが小さい場合は自分では気づきにくいとい言われているので、適切な診察を受けていく事が重要です。